ベーシック10シリーズ(10回コース)

ロルフメソッド(S.I.)は10回のセッションで成り立っています。

それぞれのセッションにはテーマがあります。

第1セッション 表層

呼吸、身体の前面(表層筋膜)を扱います

呼吸のくせを改善する。

身体の前面をゆるめて伸ばす。

第2セッション 表層

足、身体の背面(表層筋膜)を扱います

グラウンディング、地に足がついて歩行が安定する。

体を支えられる脚になる。

身体の背面をゆるめて伸ばす。

第3セッション 表層

側面(表層筋膜)を扱います

身体の前面と背面をバランスさせる。

身体の側面をゆるめて伸ばす。

第4セッション 深層

脚の内側、骨盤底(深層筋膜)を扱います

大腿内側が骨盤から解放される。

内側のラインをゆるめて伸ばす事で下半身の軸がはっきりとしてくる。

第5セッション 深層

骨盤の前面、腹直筋と大腰筋(深層筋膜)を扱います。

腰椎前面が脚の内側との関係性を取り戻す。

外側の腹筋とインナーマッスルをバランスさせる。

第6セッション 深層

骨盤の後面、ハムストリングス、仙骨、下方への解放(深層筋膜)を扱います

骨盤の後ろと前をバランスさせる。

仙骨を自由にする。

第7セッション 深層

肩、首、頭、上方への開放(深層筋膜)を扱います

肩と首と頭のバランス。

身体の上に頭がのってつながる。

第8セッション 統合

下半身もしくは上半身まとめます。

自由度の上がった身体(上半身か下半身)につながりを持たせます。

第9セッション 統合

上半身もしくは下半身をまとめます。

自由度の上がった身体(上半身か下半身)につながりを持たせます。

第10セッション 統合

全体をまとめます。

全体を一つにつなげます。