Iさんセッション8体験談

8回目の感想です

8回目のセッションは、統合がテーマとのことだった。

仰向け、横向き、うつ伏せになりながら、腸骨の横の部分、仙腸関節の辺り、尻と腿の境目、鼠径部、腸の奥の方など、色々な部位にアプローチしていただいた。

さらに背骨の前を意識しながら、足を前に押す動作などを行った。

これは今までのセッションの中で、一番難しい。つまり上と下をつなぐようなイメージをもって動かないと、上手くいかないと思った。

 

終わった後は、身体の各部位の感覚がはっきりした。頭・胸・お腹・骨盤・膝・足のパーツがブロックのように重なっていて、その中を一本の串が通っている感じ。

色々な具材が串刺しにされた焼き鳥になって、テーブルの上に立っている感じだった。

1回目のセッションで感じた、上と下のつながりが濃くなり、まとまった気がした。

若干、バランスが後ろにいった。

立つということを味わっている感じで、今、立っている。

余計な荷物や鞄などは、立っている今=自分にとって邪魔だな。

心の中で独り言。

そういえば、仕事でも、余計なことやってきたよな。立っている実感がない人間は、余計なことをやって、我慢して、それを頑張っていると言い聞かせ、でもいつのまにか疲れってしまった人生だったのかも、と思いながら。今更ながら。


吉澤より

クライアントさんお一人お一人、表現のされ方が違いますが、ご自分を焼き鳥にたとえられるというのは、なかなか面白いですね(^^)/

心理面でも、気づきや変化が起こっているようで、とても興味深いです。

私自身もこのワークを受けて、昔と比べてずいぶんと精神的に自由度が増したように感じています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です